住民こそ主人公の町 美里町をつろう  

2020年7月17日発行第154号

みさと民報

2020年7月17日発行・第154号>です。

25|t




新型コロナウイルス感染症対応地方創生臨時交付金に対する要望書を町長に手渡す

7月6日伊藤岳参議院議員とともに要望書を手渡しました。
①町内の病院、歯科や接骨院等の保険診療収入減少分を支援を行うこと。
②病院、診療所、介護施設、 保育所や幼稚園、学童保育所の職員への金銭支援を行うこと。
③感染症の病状のある相談者はすべて検査できる体制をつくること。
④賃貸している小規模事業者に家賃補助を行うこと。
⑤学校給食費 今年度から直ちに無償化にすること。
⑥高齢者に経済支援として 1万円を支給すること。⑦水道料金の基本料を無償にすること。

ー6月定例議会ー「報告」

大島輝雄議長・塩原浩副議長が一身上の都合により議長・副議長を辞職

新議長に橋場倖男議員・副議長に桜沢保議員が就任

美里町議会議員の定数を12人から10人に削減する暴挙

 6月2日の議会で議員定数を「12人から10人に削減される条例案」が橋場議員より提出され賛成多数で可決しました。
 堀越議員は反対討論を行い「民意を切り捨てる条例だ」と反対をしました。 賛成8反対2病欠1名 「議席数の削減は美里町民の民意を反映する民主主義に逆行します。 日本共産党は、町民の多様な民意を切り捨てる定数削減に断固反対をいたします。

「美里町独自支援金」新型コロナ感染症対策中小企業・個人事業者支援給付金を支給します

 コロナウイルス感染症拡大の影響により、経済に深刻な影響が出ている中で、売り上げが大幅に減少し、経営に影響を受けている町内の中小企業・個人事業者を支援するため、令和2年1月から12月までの任意の1カ月の売上高が前年同月比20%以上減少している事業者に給付されます。詳しくは美里町役場農林商工課産業振興係    ℡76-5133

内田三郎議員の一般質問を5名の議員が退席

内田議員の一般質問にて辞職勧告決議を受けた議員を一般質問をさせないがため議場を退席する議員がありました。一般質問は議員としての当然の権利です。

 

・内田三郎議員に辞職告決議案が3回目の可決

・新井英行総務建設常任委員長に不信任案を可決

一般質問

あぜみち




暮らしと憲法を守ろう !!

みさと民報発行のための募金をお願いします

ご意見・ご要望をお寄せください






powered by Quick Homepage Maker 4.81
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional