住民こそ主人公の町 美里町をつろう  

2011年4月1日発行第134号

みさと民報

2011年4月1日発行・第134号です

1178|t




―3月定例議会報告―

日本共産党が提案

東日本震災の被災者救援と復興を決議!

水道料金9月から値上げ! 共産党は反対!

住宅改修資金制度を拡充


 2011年三月定例議会が三月三日から二十三日まで開かれました。議案は40億5612万8千円の二十二年度予算、道路維持補修工事4000万円など二十一年度補正予算、消防委員会を廃止する条例や改正、中学校建設の工事請負契約案件、副町長に田島省二参事を選任の人事案件など三十二議案と陳情一件でした。一般質問は日本共産党の角田朝枝、笹井均議員の他七名でした。

2011年度予算に反対「住民のくらしと地域経済の立て直し」実現を

 2011年度美里町予算は、国の住民負担増など国民いじめの施策が進められ経常経費の増大する中で、水道料金の値上げをし、国民健康保険税の引き上げを進める予算です。

町税はくらしの状況を反映して19億4631万円で対前年度比92.7%と減額の予算です。一般会計予算合計は対前年比106.3%43億1247万9千円の予算編成をしました。

増の要因は選挙費や道路橋梁費スマートIC整備事業や松久駅前周辺活性化事業・下水道事業の負担金の増が主なものであります。町長をはじめ、4役の給与を減額、管理職手当ての減額を継続するなどパフォーマンス的な施策はあるものの、

神川町では「自主的な行政施策を推進するためあらゆる運動団体との関係を終了し、他の地域と同様に必要性に応じた施策を推進することが真の同和問題解決につながるものと判断」し同和対策事業を廃止しました。美里町も廃止すべきですが、昨年同様の事業を計画し、解放同盟補助金200万円も計上しています。〔共産党の反対討論・要旨〕

東日本震災の被災者救援と復興のために全力を傾注することを求める決議(笹井均議員が提案)

三月十一日発生した東北地方太平洋沖地震とそれに伴う大津波(東日本大震災)は、東北地方及び関東地方に、未曾有の甚大かつ深刻な人的・物的損害をもたらしている。加えて、東京電力福島第一・第二原子力発電所の重大な損傷事故はきわめて深刻であり、広範囲の住民に健康被害をもたらす恐れを生じている。

 こうした事態に対し、国及び自治体、関係機関は、海外からの協力も得て全力で対策を講じているところであるが被災状況全般の把握、被災者の救助・救援等は被害の広範かつ甚大なこと、交通事情、電力事情の悪化等もあり、必ずしも順調とは言えず、全国民が懸念するところである。

こうした事態に当たり、当議会は、犠牲者及びその御家族に対し、深甚なる哀悼の意を表明するとともに、被災者の迅速かつ効果的な救助と救援、被害の拡大阻止及び被災地の復興のために、国及び関係機関、全国の都道府県、市町村が全力を傾注して取り組むべきであると考え、十七日に予定していた一般質問を中止するという前例のない措置を講じたところである。
 
よって、政府及び関係機関におかれては、事態の重大さに鑑み、震災被災者の救助・救援、被害の拡大阻止及び復興を最優先の課題として、国及び関係機関、全国の自治体、全国民の総力を効果的に結集する体制の迅速なる構築と行動を求めるものである。以上決議する。

平成二三年三月二二日
  埼玉県児玉郡美里町議会


3月議会で採択された議案(主な項目)

条例が変わりました

水道料金を引き上げる給水条例の改正【日本共産党は反対!】。

水道事業の健全な経営を図るため、水道料金及び加入金を改定したいと、水道料金を値上げする条例が3月議会に提案され共産党を除く議員全員の賛成で成立しました。年間引き上げ総額1500万円見込み。

 実施は9月の計量(10月集金)からです。
《加入金》メーターの口径13㍉(一般家庭用)6万円を10万円にする。
《基本料金》は10㎥まで900円を1000円にする。

《従量料金》(超過料金)は10㎥以上50㎥まで100円を110円にする。51㎥から500㎥まで110円を120円に。501㎥から1000㎥まで120円を130円にするものです。

財源はある! 長い間値上げをしないは理由にならない 日本共産党の反対討論

これまで歴代の町長は町民生活に不可欠な水道は低廉で安全な供給をするといって、不足分を一般会計で補い値上げをしないできました。長い間値上げをしてこなかったことは理由になりません。

町の財政状況を見ても値上げする根拠はありません。町民生活は今、町税の落ち込みにもみられるように大変厳しい状況になっています。水は誰でも一日も欠かすことができないものであり、町民だれもが必要なものです。

今回の改正は大量に使う企業などには上げ幅を抑えながら基本料金を引き上げるとしています。一人暮らしや年金暮らしで医者にかかるのも控えるなど細々と暮らしている人を直撃します。町長が言う「弱者を守る町政」にはなりません。水道料金の値上げを撤回すべきです。

町長・副町長・教育長の給与減額を継続!

 前年と同様に町長20%・副町長15%・教育長10%の給与をカットする条例を継続する。

出産育児一時金を恒久化【美里町国民健康保険条例の改正】

暫定的に35万円を39万円に引き上げられた支給額を恒久化するための改正です。

三月議会で補正された主な予算

【**二十二年度補正予算 [#l11cfc8b]
《一般会計》 2395万9千円》
【歳入】
*寄居PAスマートIC測量設計等負担金  △1000万円
 連結設計までで詳細設計については今後進めるものです。
* 安心安全な学校づくり交付金  2188万9千円
二二年度に前倒し実施た中学校改修事業の補助金です。
* 子ども手当負担金  1315万9千円減(国の負担金) 対象人数の確定による。当初1万5060人。実績10か月で述べ1万3785人で1275人減。(月127人減)公務員は事業主負担になるため。
【歳出】
*路線測量等委託金  △1500万円
 寄居PAスマートIC測量設計(当初予算で詳細設計も含めていた)
*下水道事業特別会計繰出し金  △2330万円。アンケートを実施し、生活排水処理施設整備計画の見直しを進めている。
*中学校図書システム構築業務委託料  258万8千円
*美里中学校校舎改築事業 1億316万3千円
国の緊急雇用対策事業の交付を受けるため前倒しで計上。事業は23年度実施。
*児童生徒用図書購入費 200万円 小中学校 各50万円
 国の事業で「住民生活に光をそそぐ交付金」が新設されたものを充てる。

【監査委員】

 硲 和廣氏(根木)を選任
 井古田忠男氏(北阿那志)の任期が三月九日で満了になります。後任に硲和廣氏が選任されました。

 三月議会に陳情が1件あり全員賛成で採択しました。

《陳 情》 《採択》
◎継続されていた請願1件が賛成多数で採択になりました。《採択》 
◎町道399号線及び395号線の拡幅についての陳情
                ※陳情者 ・大字沼上区長・区長代理
※すべての隣地の承諾や今後の道路計画などの検討が必要と継続審査になっていましたが関係者の承諾が得られたと採択されました。[賛成多数で採択]




震災復興・救援を進める日本共産党!

みさと民報発行のための募金をお願いします



ご意見・ご要望をお寄せください




powered by Quick Homepage Maker 4.81
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional